39からのブログ

いつの間にか41歳、こども三人のお父さんブログ

王とサーカス 米澤穂信

fc2blog_20170725184249797.jpg
本書のテーマはズバリ
ジャーナリズム
なぜ取材するのか?
なぜ報道するのか?
お金の為?生活の為?正義の為?
人それぞれだろう。
ブログも情報発信という意味では
何の為におこなうのか?
これを考えるのは重要だと考えているし
これを考えずに情報発信を始めても
中途半端に終わるような気がしている。
このブログは「39からのブログ」の名の通り
39歳から始めたものだが、言うなれば39歳まで
始めることができなかった。なぜか?
情報発信自体なんらかの形で、若かれし頃から
おこないたいと思っていたが出来なかった。
なぜか?
何の為に書くのか?
これを長年自問自答していた。
これが定まらなければ続かないし
中途半端な結果になると思っていた。
今、ブログを始めているということは
答えが出たから。
記事にはカテゴリがあるが
カテゴリ創設の初めには
なぜこのカテゴリをつくったのか
大概、書くようにしている。
ただ、今ここにそれを縷々と書く気はない。
気になる方は、過去の記事に書いてあるので
読んで見てください。

本の話が横道逸れすぎた。
要は、物事が長続きしない時
なぜそれをおこなうのか?
自問自答するべきだと本書を読み
改めて思った。

国営讃岐まんのう公園

香川県下唯一の国営公園
キャンプ場、芝生広場、遊具、飲食店、体験施設
とにかくめちゃくちゃ広い
毎年8月には中四国最大級の野外コンサート
MONSTER baSHもおこなわれています。
(行ったことないけど、、、)
子供にとっては天国のようなところだが
この暑い日が続くなか、なぜ公園?
べつに炎天下に遊具で遊ばそうときた訳では
ありません。
ここ讃岐まんのう公園では
様々な体験イベントがおこなわれています。
(開催日がまちまちなので事前確認要)
そう今は夏休み
夏休みといえば工作。
そして僕は工作が苦手。
ここにくれば材料も用意してくれ
作り方を教えてくれて、手伝ってくれる。
なんとも有難い。

長男は木工教室で本棚作り
まず板を電動糸鋸でカットして
釘止め場所をマーキング
fc2blog_20170724181603700.jpg
次に釘穴を電動ドリルで開けます。
fc2blog_20170724181634cbf.jpg
最後に釘を打って出来上がり
fc2blog_20170724181702113.jpg

長女、次女のコンビはハーブ教室で
押し花?のフレーム、キーホルダー作り
fc2blog_2017072418223337b.jpg
先生が丁寧に指導してくれるので
幼稚園児でも楽しんで綺麗な作品ができてました。
もちろん僕は手伝いません。

どちらも一時間程で終わり
あとは公園で遊ばせようと思ったが
生憎の炎天下
暑さで参ったら困る(特に僕)ので
遊具遊びは残念ながら中止(ホッ)
代わりに木陰で
カブト虫やクワガタに触れ合えるコーナーが
あったので(期間限定)
たっぷり親しんで(持って帰れません)
fc2blog_20170724182301964.jpg
fc2blog_20170724182350b8e.jpg
名物⁉️いちじくアイスを食べて
fc2blog_20170724183332dd7.jpg
帰りましたとさ。以上。

7月16日〜22日

・駅の自殺防止ポスター、「遺族追い込む」と撤去も
「STOP自殺」「鉄道での自殺は、大切な命が失われるだけでなく、鉄道を利用する多くのひとの安全や暮らしに関わってきます」との文言が書かれた自殺防止ポスターに対して「身近な自死を防げず、自責の念に駆られている遺族をさらに追い込む」、「『世間に迷惑をかけるからやめよう』と当事者が考えるだろうか」との指摘があり一部ではポスター撤去の動きもでている。難しくデリケートな問題だし、指摘者の気持ちも全くわからない訳ではないが、このポスターを制作するにあたって”自殺を防止するにはどうしたらいいのか?”と様々な議論、検討がおこなわれてきたはずである。にもかかわらずこの指摘に対して撤去という選択が、”自殺を防止するにはどうしたらいいのか?”というテーマからズレている。安易な撤去は問題から逃げているだけ。なにか新しいことをはじめれば全員賛成というのはまずない。反対意見に対して真摯に向き合うことが必要、このニュースを見て僕はそう感じた。

Switch狂想曲

Nintendo Switchが大人気である。
各量販店では抽選販売で対応しているが
この抽選販売というのが個人的には気にくわない。
ネットでは、店側も少ない利益に対して抽選対応に
コストがかかるので割にあってないとの意見もあるが
とんでもない。
抽選販売にすることによって、店に客が来る。
しかも、抽選結果が出るまでに数時間
お客さんが店内を歩いてくれる。
しかもハズレた人は、後日また店に足を運んでくれる。
店にとってはSwitchが客寄せパンダなのだろう。
並んでいる人達はこんな不誠実な対応でよく文句が
出ないなと感心するというか、呆れている。
なんのことはない、店が予約をとればいいだけの話。
同じ人気商品AppleのiPhoneにできて
Switchにできないわけがない。
僕なら並ぶ暇があるのなら店員さんなり、店舗本部に
なぜ予約販売しないのか?と問い詰める。
小一時間問い詰める。
できない理由があるのなら
なぜ?を5回繰り返して聞けば
予約販売ができない真因にたどりつくはず。
販売店と問屋やNintendoに誠実さがあれば。

と言っても僕はもうSwitchを持っているので
並ぶことも、文句を言うこともない。
醜い狂想曲だけが聞こえてくる。
気持ち良さはない。

ローソン アイスの実もも

長らく勘違いしていた。
アイスの実なるものは
果実の味をつけた丸くて硬いシャーベットだと
ずーーーーーーと思っていた。
大いなる勘違い。
このなんとも言えぬ食感に気付いた41歳の夏。
なんと、一番大好きなフルーツ、桃バージョンを見つけた。
fc2blog_20170720190505762.jpg
表面は薄くコーティングされていて
ひと噛みすると
中の冷たい桃が口の中でとろけます。
この夏一押しアイスです。
あとローソン限定品ではないです。

 | ホーム |  »

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「PR』