FC2ブログ

39からのブログ

いつの間にか42歳、こども三人のお父さんブログ

送る言葉その2

まだまだ先だが子供達が社会人になる時に
送る言葉その2

“何事も当たり前と思わない”
誰かが何かをして当たり前と思うと
それがなされなかった時
腹が立つ
腹が立つと
怒りを生む
怒りは人生に碌な事を呼び込まない
そして何より
“当たり前から感謝は生まれない”
感謝のない人生は、、、

送る言葉その1

まだまだ先だが子供達が社会人になる時に
送る言葉その1

“他人の収入を気にしても
自分の収入は上がらない
そんな暇があるのなら
自分の仕事を見つめ直そう
すれば自ずと収入は上がる”

読書

夏休みも半ば
夏休みといえば読書感想文
個人的にはこの読書感想文なるものが
子供達の読書離れを引き起こしていると思っている。
小学生は感想文なんて小難しいことなど考えず
気軽に読書の楽しさ面白さを体感するべきだと思う。
ちなみにどうすれば本を読む子に育つのか?
答えは簡単
親が読書を楽しむ
これに尽きます。

子育ては金がかかる病

今、日本は重大な病に侵されている
その名は

子育てに金がかかる病“

子供が3人いると聞けば
返ってくる言葉は
「金がかかるね、大変やね」である。
もうウンコが如く聞き飽きた。
まさにクソったれな
セリフであり
病気である。

今の日本の少子化の原因は
子育てに金がかかる病“
だと思っている。

ではどうすればこの病気を治すことが
できるのか?
手厚い子供手当てか?
医療費補助?
学費免除か?
全てクソだと思う。

先ずやるべきことは
子育てに金がかかる」
と言わないこと。

だからこそ
子育てに金がかかる」と
言わないようにするためには
先ず
子供手当て
医療費補助
学費免除
が必要だと思われるかもしれないが
逆である

先ず
子育てに金がかかる」
と言わないこと。
大袈裟だが
日本の未来を左右する
大事なことだと思う。

以上、名もなきお父さんの戯言

親という字

漫画「花の慶次」で
「親」という字は
木の上に立って見ると書く
“子供の喧嘩に口出しするのは
親のすることではない”
というのがあったのだが
もう一つ言えるのは
「親」という字は
“木の上に立っている
親の姿を見て子は育つ”

見本になる様な出来の良い親ではないが
子供にして欲しくない事は
自分もしないようにする


出来の悪い親の
たった一つの
親の指針

 | ホーム |  »

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「PR』