39からのブログ

いつの間にか42歳、こども三人のお父さんブログ

ファミマ ぷにほっぺ

昨日はかたい話を長々と書いたので
今日はやわらかく手短かに書きます。
まずは写真
fc2blog_2016042318353632d.jpg
一目見て「かわいい」
こういう企画に弱いです、買ってしまいます。

こんなふざけた(褒め言葉です)商品企画を
考えた人とそれにGOをだした責任者の方に
敬意を表します。

争いの根源

まだまだ世界は平和とは言いがたい。
世界中のあらゆるところて紛争、戦争、テロが起こっている。
なぜ人は争うのか?少し考えてみた。
こういう人の行動分析をおこなう時、僕は自然の摂理と照らし合
わせる癖があります。自然に逆らわず本能のまま生きる他の動物
と比べ参考にすれば、人類が進むべき道が見えるのではないかと
思っています。どんな動物も争いをおこします。人とて知能はあ
るが所詮は自然の中で生きる動物の一種族、争いの根源は似てい
るのではないかと思います。そんな感じで人が3つの争う理由を
だしてみました。
①異性の奪い合う争い
 これはまさに生殖本能、男はいい女を、女はいい男を、うまく
 マッチングすればいいがそうは問屋が卸しません、これは世界
 中で絶えずおこなわれいて、しかも回避不能な争いです。ただ
 一つ気になるのは、良い悪いは言いませんが、日本人はこの異
 性を奪い合う争いの土俵にすら上がらない人が増えた気がしま
 す。
②統率者を決める争い
 人間は群れる動物です。自然と統率者(リーダー)ができるの
 ですが、統率者をだれにするかを巡って争いは避けれません。
 近代では選挙制度というものができて、暴力的に決めることは
 少なくなりましたが選挙とて争い、回避不能な争いです。
③食糧格差の争い
 食べる事はどんな動物でも持っている本能。今まで起こってき
 た人類の戦争、争いの根本的な理由の大半は食料格差でおこっ
 たと僕は考えています。やはり人間食うに困ると破れかぶれに
 ならざるをえません。今世界の食糧格差はとても良いとは言え
 ない状況です。①、②争いの根源と違い食糧格差の争いは、人
 類の知恵、叡智を振り絞れば回避できる争いだと思います。
 一つヒントがあるとすれば今よく言われている経済格差と食糧
 格差を分けて考えた方が良さそうだと思います。今はその人の
 経済事情に比例して食糧分配がおこなわれていますが、経済事
 情とは関係なく食糧分配がおこなわれる世界になれば世界は今
 より平和になるのかなと考え本稿を書きました。

おか泉

讃岐うどんを本場で見聞きしたことある人なら
だれもが知る名店です。
すでに様々な人達がおか泉の魅力を語っているとは
思うのですがそれでも語ります。
おか泉を語らずして僕のうどん人生は語れない
それほどおか泉のうどんとの出会いは衝撃でした。

おか泉がオープンしたのは僕が高校生の時でした。
今の場所(宇多津町)ではなく隣町坂出市のJR坂出駅
の近くにオープンしました。
学校帰りの夕方にうどん店がオープンしているのを
発見し、早速一人で飛び込みました。
店内はものすごく奇麗で高級感があり場違いな
ところに来たなと、しかも他に客はいなく僕一人
オドオドしていると男前なご主人が
「こちらへどうぞ」と席へ案内してくれました。
そしてメニューを拝見。予想どおり普段僕が食べに行っている
セルフサービスのうどん屋より高い•••
そして当時メニューにあった学割大(かけうどん大)を注文。
このおか泉の学割大を知っている人は
かなりのうどん通だと思います。
メニューに「育ち盛りの学生さんへ」と書かれていました。
だたもうメニューにはないので
店に行って頼んだりしないでください。
男前なご主人は嫌な顔一つせず
「茹でたてを用意しますので少々お待ちください」と厨房へ
通常うどんを茹でるのは10分から15分程かかるので
一度に大きな釜で大量に茹でるのですが
客は僕は僕一人
茹でたてを提供するとなると採算度外視なはず。
店に悪い事したなと思いながら、高校生には高いし
もう二度と来ることはないだろうと考えながら待ってました。
そして男前なご主人が自らうどんを配膳してきて
「ゆっくり食べてください」とやさしく言ってくれました。

そして実食
決して大げさではなく一口食べて衝撃が走るとはこのこと。
麺の茹で加減は完璧な上、舌触りは柔らかかつコシは抜群
もちろん出汁も手抜きなし。
こんなにうまいうどんがあったのかと感動して完食。
その後、おか泉(男前なご主人)ファンになり
かなり通いました。

おすすめは、ひや天おろし
fc2blog_2016042318372378e.jpg
讃岐うどん巡りをするなら必ず行ってほしい名店です。

うどんカテゴリ追加

うどん県人としてうどんというものは
切っても切れない食文化というか生活そのものというか
いつか自分のうどんに関する食体験、考え等を
記録していきたいと
ブログ開始当初から構想していた
うどんに関する記事をうどん店の紹介を中心に
書いていこうと思います。

うどん県来県時の参考になれば幸いです。

サークルK 真穴みかんのサンド

またまたサークルKの四国地区で展開している
南予の食材にスポットをあてた商品
真穴みかんのサンド
fc2blog_20160421212151034.jpg
なぜ南予なのかが判りました。
商品パッケージにも書いてある

えひめいやしの南予博2016

開催にあたりサークルKが応援しているとのこと
その一環で南予の食材を使用した商品を
期間限定で販売しているそうです。
その他の商品は過去に記事にしています。
いちごサンド
鯛めしおにぎり
あと記事にはしてないが鯛めし弁当があります。

えひめいやしの南予博2016が気になる方は
こちらをクリック
肝心な味の感想を書くのを忘れるところでした
「うまい」
語彙力向上はまだまだ先みたいです•••

«  | ホーム |  »

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「PR』