FC2ブログ

39からのブログ

いつの間にか44歳、こども三人のお父さんブログ

12月16日〜22日

・文科省、ベネッセに肩代わり依頼 416万円、識者招き
国が大学を評価する為にアメリカから二人の識者を招こうとしたところ二人の識者は1日あたり50万円を要求してきました。しかし、国の基準でこういった場合の手当ての額は1日1万7700円と決まっていて払えない。しかし、識者は招きたい。そこで足らずをベネッセにお願いしたというニュース。
このニュースで僕が着眼したいのは足らずをベネッセに依頼したということではなく(もちろん大きな問題だが)、国が必要と判断した案件の費用を、前例と基準を盾に優柔を利かすことなく頑なに認めなかった点。ここを改善しない限り同様なことがまた発生する。この事案が無駄にならないよう考えて頂きたい。

西郷どん終了

ここんとこブログの更新サボり気味で
訪問された方々すいません。

今週放送でNHK大河ドラマ西郷どん
フィナーレを迎えました。
遅らせながら簡単な所感を。

実はNHK大河ドラマを一年通してみるのが
今回が初めてで、今まで興味すらなかったのですが
今回は、僕の好きな幕末維新
そして絵になる男、西郷隆盛が主人公
ということで飽きずに観ることができました。

開始当初は鈴木亮平氏の西郷隆盛が
どうしても僕が持つ西郷のイメージに
合わなかったのですが
終盤、鈴木亮平氏の壮絶な体重増加によって
僕のイメージが大逆転。
此処まで西郷に似せれるのか?という
変貌ぶりに鈴木亮平氏の役者根性に感服いたしました。

このドラマが始まる前までは
西郷隆盛=西田敏行だったのですが
今や鈴木氏の西郷隆盛は西田氏を
超えたのではと個人的には思ってます。

歴史好きからすれば
今回の西郷どんは西郷隆盛の最後など
ツッコミどころ満載な内容で
イラッとする場面も多々あったのですが
上質でバランスのとれた構成で
一年間楽しめた作品だと思います。

来年の大河ドラマは
東京オリンピック
意表を突いた近代物で
ある意味楽しみなのですが
近代といえば
忌まわしき太平洋戦争が先では、、、
というボヤキで
久しぶりのブログ更新を〆たいと思います。

ファミリーコンピューターコントローラー

fc2blog_201812182052248d9.jpg
ニンテンドーSwitchのオンラインファミコンソフトで
使える懐かしのファミリーコンピューターコントローラー
勇んで買ったが
遊ぶ暇がない、、、
慌ただしい12月のよくある情景

12月9日〜15日

・ため池管理強化へ新法案 所有者不明でも行政が措置
香川県はため池が多いのが、管理されていないため池も多くある。行政が積極的に動くことも大事だが、地域住民がため池に目を光らせて行政に働きかけていくことも大切だ。一番恐ろしいのは無関心。

送る言葉その2

まだまだ先だが子供達が社会人になる時に
送る言葉その2

“何事も当たり前と思わない”
誰かが何かをして当たり前と思うと
それがなされなかった時
腹が立つ
腹が立つと
怒りを生む
怒りは人生に碌な事を呼び込まない
そして何より
“当たり前から感謝は生まれない”
感謝のない人生は、、、

«  | ホーム |  »

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「PR』