FC2ブログ

39からのブログ

いつの間にか42歳、こども三人のお父さんブログ

新たな格差?

低所得世帯の中3に塾代クーポン 渋谷区

元の記事は
こちら

塾に行けること行けない子の学力差。
確かに悩ましい問題であるし
この方策自体悪くないものだと思うが
問題は、渋谷区限定というところ。
(大阪市等、既に実施しているところもある)
この手の住民サービスを市町村レベルの
自治体が各々やることに疑問に思う。
子供の医療費も自治体によっては
◯歳までは無料というサービスがあるが
これも同様でスッキリしない。
経済格差の上に地域格差
新たに生み出し後々収集がつかなく
なるような気がする。

各自治体が知恵を絞り独自のサービス
を生み出すのはいいと思うが
何かしらの節度が必要な気がする。
特に
子供の成長に関わる住民サービスは
国がコントロールすべきだと思う。

何故なら子供は住む場所を選べない。

選択眼

将来子供が大きくなり
生きる上での人生の選択、決断
(例えば、仕事に就いたり辞めたり
結婚する、離婚する)
を下すようになるのだが
僕は、その選択、決断に対して
ケチをつけたり、反対したり
侮辱したりせず
全てを肯定するつもりでいる。

いい大人が下した決断に
いくら親とはいえ
反対したりしても無駄であるし
中途半端に否定的な意見を言うのが
一番、信頼関係を損なうものだと思う。

では子供が大人なり
親にできることは?
”心配”
だと思っている。
”心配”については以前記事を書いたので
興味のある方は こちら

ただ子供のうちなら
出来ることがある。
選択眼
を身につけさせること。

ここまで粋なことを書いてきたが
肝心な”選択眼”が僕は弱い、、、
どうしたものか?
と日々考えている。

親の姿

親というのは子供に対し
家の中では偉そうにしているものだが
一歩家を出てみると
社会のなかでは
大きな歯車の一つであったり
頭が上がらない存在(上司やお客さん)
が居たりするものである。
そういう外での姿を子供に見せずに
家で威厳を保つ人もいると思うが
(子供にいいカッコをしたい気持ちもよく分かる)
そういう姿を子供に見せるのは
とても大事なことだと最近思うようになった
41歳の春。

遺書

別に今から死のうとかではありませんので
ご安心を。
今回の記事が300回目
40年日記など書いたこともなかった
何をしてもすぐ飽きる
僕が
よく続いたなー
正直な感想。

そもそも、このブログを書き始めた大きな理由が
(小さな理由もたくさんあるが、、、)
子供への遺書
幸運にも三人の子宝に恵まれたのですが
親の責務とは何なのか?と考えた時
自分が経験して知り得たことを伝える
だと僕は考えています。
しかし、特に家族に対して自分の思っていることを
伝えるというのは想像以上に難しい、、、
そこでブログなら毎日少しづつだが
子供に伝えたいことを書けるかなと始めた次第です。
当ブログで時たま人を諭すような記事があるのは
別に世間様を諭そうなどという大層なものではなく
子供へのメッセージと捉えて頂ければ幸いです。
それならブログでなく自分のパソコンにだけ
書いとけば?と思われるかもしれませんが
理由は2つ
・自分の考えを世間に問いたい
ここで叩かれるような内容なら
子供たちに伝える内容を考えなおす必要がある。
その結果さらに良い内容になれば幸い。
・僕自身の承認要求
これは誰しも持っているものだと思う。

子供たちが社会に出る前に
ブログの存在を伝えたいと思っています。
(それまでブログというツールがあるのか?という不安もあるが)

ただ子供たちには伝えるまでが
親としての責務であり
これを見てその通りにやれとは
全く思っていない。
子供の人生は子供のもの
思うがままに生きて欲しい。
でも子供たちがこれを読んで良かった
役立ったと思ってもらえたら
親冥利につきる。
そうなるようなブログにしていきたい
と改めて思う。

親の努めとは

女優の高畑淳子さんの息子高畑裕太容疑者について
記者会見を開き、謝罪と質問に答えた。
子が問題をおこした時、このように親が謝罪すること
に対して賛否両論あるだろう。
もう大人だから必要ないという意見も理解出来るし、
親として子供が不始末をおこしたら申し訳ないという
気持ちにもなるし、何事も問題をおこさないというのが
一番いいがこればかりは、なにがおこるかわからない
というのが現実だろう。

子育てに方程式なし

同じことを同じように同じ環境で教えても、人それ
ぞれ反応も結果も違うだろう。子育ては、子供一人
一人にしっかり真剣に向き合っていくしかないのだ
ろう。その結果がどのようになっても親として向き
合う覚悟だけは持っていたいと今日思った。

[PR]



«  | ホーム |  »

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「PR』